消費者金融 ローン組めない

消費者金融を利用する前に、不安をもたれる内容で、結構、多く挙げられていたのが、「各種ローンが組めるのか?」という点でした。自動車のローン、住宅ローンなど、大型ローンに関する相談が多かった記憶があります。

 

では、実際のところ、消費者金融を利用するとローンが組めない??これは本当でしょうか??実際のお客様の声から紹介したいと思います。

 

社員の多くが、ヒアリンクを必ず行うように教育されていて、お客様の声を聴取するように心がけていました。店頭に来店されるお客様の声が蓄積され、サービスに反映させようという事でした。その中で一番多かったのが、「住宅ローンを組むため完済する」という理由です。そのために、金融機関もしくは自己資金を用意して、消費者金融の借入を精算するのです。

 

という事は、住宅ローンを組むために、消費者金融での借入があると審査が通らない??と思われがちですが、半分正解で、半分不正解と言えます。

 

 

銀行は住宅ローン審査の際に、信用情報の調査を行います。信用情報の調査とは、キャッシング、クレジットカードなどの借入情報をデータベース化し、いくら借入があるのか、何社で借入があるのか、そして返済状況や借入履歴などがわかるようになっています。

 

信用情報は、借入審査の際に、重要な資料となり、住宅ローンなどの大型ローンを組む場合は、収入と同じくらい大事な要素と言えます。

 

銀行からすると、将来的に住宅ローンを完済してもらうためにも、住宅の担保や保証人をつけたりするだけでなく、金利の高い消費者金融での借入はしないように、ローン審査時点で、完済を勧めてきます。
(もしくは、完済する事が条件のように提示されます。)

 

その際、優良顧客の場合だと、銀行の低金利ローンを勧められ、借り換えも提案される事があります。こうなると、金利が低い方が、お客様としてはお得ですので、消費者金融を完済する事になります。借り換えの提案がない場合は、自己資金で完済する事になります。だいたい、住宅や車を購入のために用意していた、頭金などを利用する方も多いです。よって、一旦完済した後に、再度消費者金融を訪れ、利用される方も少なくはありません。

消費者金融 ローン組めない まとめ

上記のように見ていくと、消費者金融の利用によってローンが組めないのは、各社金融機関(銀行)のさじ加減一つと言えます。

 

消費者金融の借入が、信用情報で判明しても、何も言わない銀行もあります。逆に、上記の例のように、借り換えを推奨されるケースもあります。

 

ちなみに、借り換えが可能な場合は、借り換えしたほうが良いかと思います。銀行の場合は、少なくとも消費者金融の金利よりも低いでしょうし、引き落としなどで確実に元金を減らす事が可能。と思われるからです。

 

また、一旦完済した後に、消費者金融を再度利用する事も可能。な会社は多くありますので、店頭に来店した際にでも、相談してみるのも良いかと思います。

 

以上、消費者金融とローン関連の情報でした。

 

消費者金融 審査 即日では、即日キャッシングの情報をまとめています。参考になれば幸いです。

 

消費者金融 ローン組めない トップへ戻る

消費者金融 ローン組めない関連ページ

消費者金融 審査 即日
消費者金融の即日審査が可能なサービスをランキングで根拠と合わせて紹介しています。
消費者金融の利用法
消費者金融のうまい利用法を例を挙げながら紹介します。
消費者金融 審査 通過しやすい
消費者金融で審査を通す場合、ポイントは何か?を紹介しています。